最近のトラックバック

最近のコメント

ウェブページ

無料ブログはココログ

2010年12月 5日 (日)

フィンケ監督退任のメッセージ

少なくともすべての関係者にしてみれば、こういう結果になったことには大きな驚きはなかったと思う。少なくともピッチの上ではとても優れた仕事がなされていたと思うし、チームは一丸となって戦っている。

ただし、クラブが今後、違う考えでチーム作りを進めていきたい、そして将来に関しても違う方針で仕事を進めたいのであれば、そのことについて話し合いをしなければならない。ここ数ヶ月間にわたって、さまざまな議論がかわされてきたが、多くのことを共有できないという状態ならば、無理やり一緒に仕事を続ける必要はない。それならばお互いに別の道を歩むことになるのだ。

私たちは目標を達成するために、チームの改革という旅に出た。プレースタイルを変えなくてはいけなかった。それから世代交代を進めなければならなかった。
このようなピッチの上での改革を進めるためには、監督がエンジンとなってチームを引っ張らなければならないのだ。監督自身が練習によってプレースタイルを変えていったり、選手たちにさまざまなことを教えていったり、仕事を進めていかなければいけないのだ。

そして、蒸気機関車があるとする。蒸気機関車が力強く進んでいくためには何度も何度も石炭を入れなければならない。そして蒸気機関車が前進していこうという段階で後ろからそれまで運ばれてきた石炭が徐々に入ってこなくなってきた、石炭が少なくなってきた。そういう状態ならば、石炭を運んでくる人と一緒にさまざまなことを話し合わなければならない。

そして、ここ数ヶ月間の動きを見ていても分かるように、クラブは今後、違う方針でチーム作りを進めていきたいのだ。もし、共有できることがあまり多くない、もしくは今後違う方針で仕事をしたいのであれば、別々の道を歩むということになる。これはプロのサッカー業界ではよくあることだ。サッカーではすべての人間が、同じ方向を向かない限り、ない限り、成功をおさめることはできない。
そして、いくつかのことについて違う考えを持っているにもかかわらず、無理やり強制的に契約を延長するのは馬鹿げたことだ。それならば、しっかりと決断をして、お互いに別の道を歩むべきだ。そして、お互いにポジティブな関係を保ちながら別れるべきだ。片側の人間に対して「これは良かったが、これは良くなかった、これが悪かった」と後々言うのは良くないことだ。大切なのはポジティブな関係を築いたまま、別の道を歩み始めることだ。そういう考えを持って私はここを去りたい。ポジティブな意見を持ちながら。

何度も何度も私がここにきてから、あちらこちらで人事の異動があったことは、皆さんもご存じのはずだ。このようなさまざまなゴタゴタがあったにもかかわらず、私たちは依頼されたことをしっかりとやってきた。

ここ2年間、新戦力を獲得するような資金はなかったし、それぞれの選手の契約状況にもリスペクトしなければならなかった。このような状況の中で、私たちは徐々にだが、チームを改革していった。今、ピッチの上で躍動的に動いている選手たちを見て欲しい。一丸となって戦うチームができ上がっている。し戦うチームができ上がっている。しかも、とても将来性のある選手たちがたくさん集まってきている。なので、私はとてもポジティブな姿勢を持って、ここを去ることにしたい。とても興味深い経験と思い出をここで作ることになった。

しかし、今、このクラブが置かれているような状況で、私が無理やりここで仕事を続けるというのは正しいことではなかった。なぜならば、さまざまなことについて全く違う考えが生まれているからだ。私は次も必ずどこか外国で仕事をすることになるだろう。まだどこで仕事をするかは決まっていない。でも、外国での仕事にはとても興味深いものがあるし、私に大きな楽しみと喜びを与えてくれた。ただし、その外国で仕事をするときに、英語、フランス語、ドイツ語が通用するような国だと仕事がしやすいものになる。

やはり言葉というのはとても大切な要素だから。例えば、練習中にぱっと一言、選手が何か言ったときに、私はすべて理解することができない。(通訳でもある)雅輝コーチが近くにいれば、すぐに訳せる。でも、いなかった場合はそれをすぐに訳すこともできないわけだし。そういう意味では小さなハンディキャップであることは間違いなかった。そして、さまざまな移籍のことについても話をするときには、ぱっと電話で直接GMもしくは直接社長とすぐに話をしたいときもあるのだ。そういうことはここではできない。言葉の問題があるから。

それから一人の記者の方が、信じられないような、事実ではない報道をしたとき。私は直接、その人間に携帯で電話をかけたかった。直接話をしたかった。たくさんの誤解によって間違った記事が山ほど生まれていた。それを私は直接その記者と話をしたかった。直接話し合って議論し合えば、多くの誤解がなくなっていく。そういうものだ。これはあくまで根本的なことだが、日本語というのはヨーロッパの言語と全く違うわけだから。そういう意味では、私の妻がここ2年間で一生懸命に日本語を勉強し、少なくとも日常会話で彼女はあまり大きな問題なく話し合いをすることができている。素晴らしいことだと思う。

それから一つはっきりと大切なことを言わなければならない。きょうの練習を皆さんもご覧になったと思う。私がここにきたときの、最初の数週間のゲーム形式での練習のときの質の低さと、今の質を比較すれば、本当に選手たちは成長したなと思う。そのことに関しては私自身も満足している。確かに不幸な件もあったし、とてもたくさんの主力級のケガ人が出たこともあって結果がなかなかでなかった。それは、私は今でもとても悔やんでいる。でも、こういう形でチームが成長して、本当の意味での優れたサッカーができるようになった。このことに関して、チームは飛躍的な成長を成し遂げたと思う。

最後になるが、私自身は今回、このような決断をして本当に良かったと思う。私は全く後悔していない。なぜならば、クラブの方とも色々なことについて話し合いをしてきたが、彼らは今後、違う方針でこのチーム作りを進めていきたいとはっきりと言っている。共有することがあまりないのであれば、無理やり一緒に仕事を続けていく必要はない。私はとても良い気持ち、ポジティブな思い出を持って、またこの国を去ることになる。でも、今、人がいなくなるときに、無理やりに「この練習の内容が良くなかった」などと色々なことについて批判的なことは語らないほうが良い。お互いにそのようなことを公の場で語るのではなく、しっかりとポジティブな印象だけを持って、ここでの共同作業を終わりにしたい。

ただし一つだけ、私が謝らなければいけないことがある。それは多くのサポーターの方に対してだ。ここ数週間にわたり、私はたくさんの手紙を頂いた。その中では「あなたは私たちサポーターと一緒に約束をしたじゃないですか。長い旅に出ると言っていましたよね」。そのような内容のメッセージを頂いていた。彼らに対して、私はとても申し訳なく思っている。最終的にこのような形になり、別々の道を歩むことになってしまった。しかし、これはサッカー界ではよくあることだ。私がいなくなることによって喜ぶサポーターもいるだろう。ただし、同時に私がいなくなることによって非常に残念がる、もしくは悲むサポーターも大勢いることを私は聞いているし、実際にとてもたくさんのお手紙などを頂いている。これが、私がここで言いたかったことだ。

2010年5月 5日 (水)

10.05.05 vs名古屋 試合後 フィンケ監督

連敗して迎えた名古屋戦。

コンビネーションからの得点で逆転勝利!

柏木と原口という期待している選手がやっと結果を出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

フォルカー・フィンケ監督 Jリーグ第10節 名古屋グランパス戦後のコメント

「今日はとても暑かったですし、私も今日ばかりはスーツではなくこのようなポロシャツを着ました。ちなみにこのポロシャツはヒューゴ・ボス社のとても素晴らしい質の高いものです(笑)。皆さんにもぜひお勧めしたいと思います。
このような、とても暑い気温の中、本当に多くのサポーターの中で、私たちがとても優れた試合を見せることができました。そのことに関して、とても大きな喜びを感じています。確かに前半、ピッチの上でいくつかのことを優れた形で実践することができていませんでした。ただしその内容については、ここで細かく語るつもりはありません。なぜならば、ハーフタイムで私たちはそのことについて話し合いをして、修正したからです。
そして、私たちが決めた2つのゴールですが、両方とも、優れた形でパスをつないでチャンスを作り出すことができていましたし、コンビネーションから生まれたゴールでした。

私たちが今日の試合、空中戦で勝つということはないだろうということは前もって分かっていたことです。そして今日の試合内容、それからこのような結果を残すことができて、私はとても喜んでいます。なぜならば、前回の清水戦でも、チームは優れた、質の高いプレーを見せていました。しかし、あのような結果になってしまったので、外部の方々に対して、私たちが優れたプレーを見せていたことを説明するのはそう簡単なことではありません。今日は、内容だけではなくて、結果もしっかり伴いましたので、本当に大きな喜びを全員が感じとることができたと思います。
そしてこれが、私たちの今年の目標なのです。質の高いゲームを展開すること、私たちのプレースタイルをしっかりと実践すること、そして優れた結果を残すことです。サポーターの皆さんも今日の試合に関してとても満足していただけたと思いますし、数多くのサポーターに、また次の試合でもこのスタジアムに来ていただけることを願っています」

【質疑応答】
(後半すぐの同点ゴール、あのゴールにレッズの前半と後半の一番の違いが表れていたんじゃないかと思いますが、細貝のあとに原口が来て、原口のあとにすぐ、柏木が来て、そういう形の違いがあったんじゃないかと思いますが?)
「まず、前半の最後の15分間、私たちは相手のペナルティーエリアの周辺でとてもたくさんの優れたチャンスを作り出していました。そして私自身も後半に入ってから、しっかりとプレーの質を上げることができたと思っています。特に私たちがポゼッションしたときの各選手の動きが、前半に比べて改善されました」

(田中達也選手が途中交代しましたが、状況を教えてください)
「今、あまり医学的に細かいことをここで言うつもりはありませんし、診断をここでお伝えするつもりはありません。ただし、ちょうど今さっき、ロッカールームで、本人とも話をしてきましたが、あくまであの空中戦で彼が頭を打ったことによって、大事をとって彼を交代させたということです。この交代でとても大切なのは、彼の一昔前までの、もしくは、ついこの間までのケガとは一切関係ないということです。あくまで頭を打って、大事をとって彼を交代させた、それだけです」

(今回、久々に田中達也選手にとっては、中3日の試合でしたが、彼のプレーをどうご覧になっていましたか?また、もし今日の交代で何も影響がないようだったら、マリノス戦のメンバーにも入るのでしょうか?)
「まず、彼の状態に関しては、これからメディカルのスタッフと話し合いをして、それで最終的な判断をしたいと思います。
それから、全体のプレーについてですが、私たちが昨年から蒔いてきた種がだんだん実を結んできているんではないでしょうか。『外が暑いから私たちがまったく走ることができなくなってしまう』ということが起きないように、私たちはしっかりと練習をしてきたわけですし、このような暑い中でもしっかりとした持久力を発揮して 、プレーをみせる、そして自分たちの実力を発揮していく。そのための準備を私たちはずっとしてきたわけですし、それを実際に今日、見ることができたと思っています。」

(このような気候条件で、今日の試合、後半特にグランパスの走力が落ちたにもかかわらず、レッズは最後の最後までディフェンスがしっかりできていたと思います。これは去年1年間を経験して、夏に連敗があって、そういうことが、今シーズンに向けた大きなアイデアとして、ポイントになるような事がありますか?)
「自分の基本的な考えですが、運動量とか『走るための覚悟』とか、そういう強い言葉を使うのを、私は好みません。私はそれより、『プレーする喜び』という言葉を使いたいです。これは私の哲学の一つとしていろんな方に説明しているわけですが、大切なのは、自分たちがボールを持っているときにしっかりとポゼッションしながら走るということです。もちろん、状況によっては、相手に積極的にプレッシャーをかけていって、とても素早く攻守を切り替え、前線に早くボールを送り込むということも必要です。
ただし、状況によっては、私たちがボールを回す、ポゼッションをしていくことによって相手を走らせるという事も、とても大切な要素です。これをいつ、どこでやるのか、タイミングも関係してくることですが、根本的に選手たちは、攻撃のときには、喜んで走ります。しかし、守備のときに走るのはとてもつらい行為になります。
私は、このような事について、いろいろなところで説明しているのですが、まず、そのことをしっかり選手たちが納得してくれなくてはなりません。そして、それが徐々にピッチで表現出来るようになって、選手たちも質の高いプレーを披露することができるようになっているのではないでしょうか。
一人の選手がとても疲れたときに攻撃に絡んでボールを扱うこと、これは確かにとても疲れる動きです。ただし、守備に回されて相手のことを追わなくてはならない、もしくは相手のことを追いかけなくてはいけないという状況になった場合、その選手にとっての厳しさはさらに増してしまいます。
ですので、少なくともボールを持っているときの『プレーする喜び』を選手たちが感じる、これがとても大切なことだと思います。そうすれば最後の最後まで疲れをそこまで感じないまま、走りきることができるのです。
後半の最後の20分間、私は阿部に対して、できる限り攻撃に絡むな、しっかりと守備をして自陣で守備を固めろ、という指示を何度も出していたのです。すべての攻撃で阿部が相手のペナルティーエリアまでいく必要はないと。
しかし、阿部もそうですし、細貝もそうですが、多くの選手たちは『プレーする喜び』をすごく感じることができるようになってきています。これは嬉しいことです。しかし、私たちが2-1でリードしている状況で、無駄に攻撃をしにいって、それによって相手に優れた機会を与えてしまうようなことがあってはなりません。ですので、私はそのような指示を阿部に対して出していたのです。最後の20分間は、すべての攻撃に絡む必要はないと。これでこのことについて話すのは終わりです(笑)」

(柏木選手が移籍後初ゴールを決めましたが、監督の柏木選手に対する今日の印象を聞かせてください)
「柏木陽介はあのゴールだけではなくて、今日の試合で優れたプレーを見せることができていたと思います。ここ数試合に比べて、パスの成功率も上がっていましたし、ボールに触れる回数も増えていました。全体的に見て、プレーの質が前回の試合より上がっていました。柏木陽介のプレースタイルは、本当の意味でのチームプレーヤーであるということ、これが一つの要素だと思います。彼は、ピッチの上に立って、『自分だけがスーパースターだ』というようなプレーを見せるような選手ではいっさいありません。ですので、私の哲学でもあります、みんなでお互い助け合いながらサッカーの喜びを感じていくというやり方、そしてこの哲学に柏木のプレースタイルがとても合っているのです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

2009年1月 5日 (月)

【アンケート】2009浦和レッズのキーマンは?

2008年5月22日 (木)

ワシントンゴールでリベルタドーレス杯 準決勝進出!!

リベルタドーレスカップ 準々決勝

サンパウロ 2-3 フルミネンセ

(1st-leg 1-0) 得点者 アドリアーノ

(2nd-leg 1-3) 得点者 アドリアーノ、ワシントン 2 、ドゥドゥ

ワシントンの2ゴールで強豪サンパウロを破り準決勝進出!!!

ワシントンの動画 ↓

読んで頂きありがとうございます。よろしければクリックをお願い致します。 →人気blogランキングへにほんブログ村 浦和レッズへ あらいぐま珈琲3号店 浦和レッズの話題