« 儲けか生きがいか(あたるより) | Main | 浦和レッズ 天皇杯を振り返る »

July 17, 2006

健康と食材

店長は最近、マクロビオティックに凝っています。

「田舎でのんびり暮らしたいわ~」って、
何かあるたびにつぶやきシローです。
(ちなみに僕の相棒はシーちゃんというニックネームです)

毎日玄米ご飯しか食べないぞ!って燃えています。
極端な場合、肉も魚も卵も牛乳も食べない流派があるようです。
(そこまでいくと新興信仰だね)

それはそうと、自然食じたいはブームなようで、
近所にとてもいいお店が続々できてきています。

一つは「桟橋」
こちらは野菜・肉・魚。すべて素材にこだわった和風ビュッフェ。
食べ放題のバイキング形式で、さまざまな料理が並んでいます。
全部おいしいんだけれど、お勧めは、トマト!
なんでも糖度6だそうで、生で食べると、甘ーい。
(スピードワゴンみたいに「あまーーーい」って思わず叫びそうに)
野菜がおいしいって、こんなに幸せかって思えます。

もう一つは、「ぬちぐすい」ってお店。
沖縄料理のお店で、店名のぬちぐすいとは「命薬」と書いて、
食べて健康になる食事のことを、沖縄ではぬちぐすいと言って、
大切にするそうな。
特に店長のおきにいりは、「とうふチャンプル」と「もずく」。
ちゃんぷるは沖縄料理では炒め物のことで、
たまねぎとにんじんときゃべつとにらと、固めのとうふを炒めた
料理なんですが、
店長は「この味付けは、どうやるの!料理教室やってえ~」って、
ほえていました。
にんにくとしょうゆ(たぶん)の味付けが絶品でした。
そのほか、そーきそばや、しまらっきょうや、
シークワーサー酒、どれもおいしかった!
(繰り返しますが僕の相棒はシーちゃんです)

人は一日3回食事をとっていきます。
身体はすべて口から入れたものでできているのだから、
健康でずっといられるかどうかは、
何を食べるかにかかっているといってもいいでしょう。

食事を提供する側の責任とやりがいって大きいなあ。

「そうでしょ、だから食べ歩きは仕事の一環なんだから」
ほこらしげに店長は言いました。

|

« 儲けか生きがいか(あたるより) | Main | 浦和レッズ 天皇杯を振り返る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79986/10986452

Listed below are links to weblogs that reference 健康と食材 :

» マクロビオティック世界平和論―百匹目の猿による正のスパイラル [【身体と心と世界を癒す!】]
★久司道夫氏講演会あります★久司マクロビオティックは、歌手のマドンナやジョン・レノン、女優のニコール・キッドマンなどが実践してきた食事法として知られておりますが、もともと人間の霊性を高めるためのひとつの方法として体系づけられたものです。... [Read More]

Tracked on July 20, 2006 at 11:37 AM

« 儲けか生きがいか(あたるより) | Main | 浦和レッズ 天皇杯を振り返る »