« 本の紹介 | Main | サービスの本質 »

November 13, 2005

パンの話

DSC00259

本店の店長は最近パン作りに目覚めたようだ。
都内の某料理教室に行ってきた。

ブレッチェンというドイツの朝食用の白い食パンと、
シュトーレンというクリスマスに食べるフルーツを練りこんだパン。
生地をよくこねて、二回の発酵をさせて、オーブンで焼く。


生地を傷めないように、それでいて力をこめて丹念に練る。
どれだけできたかで、パンはふっくらとしてくるらしい。

味は初めてにしては絶品!!
手作りのパンなので優しい味がした。

DSC00258


|

« 本の紹介 | Main | サービスの本質 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79986/7091479

Listed below are links to weblogs that reference パンの話:

« 本の紹介 | Main | サービスの本質 »