March 14, 2011

計画停電のグループ分け

東京電力のホームページで公開していた輪番停電のグループ分けです。


■ 計画停電の予定地域

 第1グループ  6:20~10:00と16:50~20:30 の時間帯のうちそれぞれ3時間程度
 第2グループ  9:20~13:00と18:20~22:00 の時間帯のうちそれぞれ3時間程度
 第3グループ 12:20~16:00 の時間帯のうち3時間程度
 第4グループ 13:50~17:30 の時間帯のうち3時間程度
 第5グループ 15:20~19:00 の時間帯のうち3時間程度

埼玉県グループ分け
「saitama.pdf」をダウンロード

千葉県グループ分け
「chiba.pdf」をダウンロード

東京都グループ分け
「tokyo.pdf」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2007

浦和駅の新しい発車音は浦和レッズ

「voice003.amr」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2007

本店の値段


サイト売買のサイトストック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2007

サイバー和田アキ子

今話題のサイバー和田アキ子様が当店にご来店です(あたる)。

ご挨拶の注意点が事務所より届いています。

和田アキ子サイバークローンは、下記の場所にカーソルを合わせると色々な表情をします。ただし、メッセージが出ているときは触っても反応しません。 下記のどれかの部位に触ると左下に「!」マークが出ます。これはあなたの指令を受けつけた印です。このマークはアクションが終了すると消えます。

1 頭 頭のてっぺんあたりを撫でると喜びます。
2 眼 右目を撫でると落ち込みます。
3 口 口を触るとキス顔になります。
4 耳たぶ 耳の下のほうを触ると怒り出します。
5 耳の上 耳の上部を触ると「ハッ」の表情になります。
6 のど のどを触ると眠ります。 
7 鼻 鼻を触るとびっくりします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 25, 2007

浦和レッズ 天皇杯を振り返る

浦和レッズ 天皇杯のダイジェスト


| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 17, 2006

健康と食材

店長は最近、マクロビオティックに凝っています。

「田舎でのんびり暮らしたいわ~」って、
何かあるたびにつぶやきシローです。
(ちなみに僕の相棒はシーちゃんというニックネームです)

毎日玄米ご飯しか食べないぞ!って燃えています。
極端な場合、肉も魚も卵も牛乳も食べない流派があるようです。
(そこまでいくと新興信仰だね)

それはそうと、自然食じたいはブームなようで、
近所にとてもいいお店が続々できてきています。

一つは「桟橋」
こちらは野菜・肉・魚。すべて素材にこだわった和風ビュッフェ。
食べ放題のバイキング形式で、さまざまな料理が並んでいます。
全部おいしいんだけれど、お勧めは、トマト!
なんでも糖度6だそうで、生で食べると、甘ーい。
(スピードワゴンみたいに「あまーーーい」って思わず叫びそうに)
野菜がおいしいって、こんなに幸せかって思えます。

もう一つは、「ぬちぐすい」ってお店。
沖縄料理のお店で、店名のぬちぐすいとは「命薬」と書いて、
食べて健康になる食事のことを、沖縄ではぬちぐすいと言って、
大切にするそうな。
特に店長のおきにいりは、「とうふチャンプル」と「もずく」。
ちゃんぷるは沖縄料理では炒め物のことで、
たまねぎとにんじんときゃべつとにらと、固めのとうふを炒めた
料理なんですが、
店長は「この味付けは、どうやるの!料理教室やってえ~」って、
ほえていました。
にんにくとしょうゆ(たぶん)の味付けが絶品でした。
そのほか、そーきそばや、しまらっきょうや、
シークワーサー酒、どれもおいしかった!
(繰り返しますが僕の相棒はシーちゃんです)

人は一日3回食事をとっていきます。
身体はすべて口から入れたものでできているのだから、
健康でずっといられるかどうかは、
何を食べるかにかかっているといってもいいでしょう。

食事を提供する側の責任とやりがいって大きいなあ。

「そうでしょ、だから食べ歩きは仕事の一環なんだから」
ほこらしげに店長は言いました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 05, 2006

儲けか生きがいか(あたるより)

金曜日の夜は夜遊び?

店長はそんなこと言っているよ。

夜遅くまで仕事をして、職場の先輩と軽く飲んだ後、
終電で地元の駅まで帰ってきたのに、
夫婦で家に帰らずに最近お気に入りのマッサージ屋さんへ行ったようです。
(なんでも朝の5時までやっているようなのです)

マッサージが終わったあと、
そこの店長さんとついおしゃべりで盛り上がったそうです。

「仕事しているって感覚ないんですよね」

そこの店長さんはまだ若いのですが、
2つも店をもっていて、昼間はこちらで夜はこちらというように
出ているのでほとんど寝る時間もないそうなのです。
しかも最近まで年中無休で働いているため、
6ヶ月間働きっぱなしとか。
けれど、まったく大丈夫だとか。

好きなことを仕事にするということのやりがい、
商売をやって生きていくことの大変さを知らされたようです。
でもうちの店長は目がらんらんとしています。
将来、本当のお店をもったときのことを
想像しているのでしょう。。。

知らず知らずの間に空が白み始めていたそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 23, 2006

国家の品格

「国家の品格」
 藤原正彦
 新潮新書


今とても売れています。

「すべての先進国では社会の荒廃が進んでいる。その原因は、近代のイデオロギーの根幹をなす近代合理精神が限界に達したからだ」

たしかに日本は長いデフレを脱却し、好景気に向かっているというのに、閉塞感を感じます。
相次ぐ凄惨な事件、過去最高を更新する自殺者。
経済界に目を転じると、倫理など無視したマネーゲームが繰り広げられています。
なんだかなあとは感じながらなんでだろうということがわからなかったので、この本を読んでなるほどって思いました。

数学者である著者が、これまで西洋の「論理」だけできてしまったため、世界が破綻しかかっていると警鐘を鳴らします。

「論理だけでは人間社会の問題は解決ができない」といい、その理由を4つあげています。
 1 論理の限界
 2 最も重要なことは論理では説明できない
 3 論理には出発点が必要
 4 論理は長くなりえない


日本に昔からある「情緒と形」を取り戻すことこそ大事なことだと著者は述べます。そのためには、本を読むこと、国語力を高めること。

共感する部分、奮起させられる部分も多く、元気がでる本でした


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2006

サービスの本質

こんな時代だからだろうか、街にはあまたのマッサージ店がある。

サービス内容も値段もさまざまだ。

そんな中、お気に入りのマッサージ店がある。
たな・あいる

店名の『Tanah Air(タナ・アイル)』は、インドネシアの言葉で『ふるさと』を意味するそうだ。
ふるさとに立ち寄るような気持ちで立ち寄れる場所としたいという想いがこもっている。

基本理念として、次のように述べられている。

『マッサージ』という言葉は、人によってイメージの異なる曖昧な言葉です。
大きく二分するならば、『治療』と『癒し』に分かれるでしょう。
もちろんどちらも重要な要素でありますが、タナ・アイルは
『人を元気に・笑顔に・楽にする、人対人の、癒しの場』
を目指しています。

(中略)

つまり、我々が考えるサービス業の本質があるのです。
直にお客様の身体に触れ、
1対1でお客様をもてなし、
お客様の目を見ながら親身になって話をする。
そういう業態であるだけに、心からお客様を思いやる心、奉仕の心…
いわば『最高峰のサービス精神』ということを常に意識し、
これを基本理念としております。
 
~たな・あいるHPより~


マッサージの目的を「治療」と「癒し」と定義しているのは、
なるほどと感心させられた。
その上で「癒し」を表明し、その方法として、
心からお客様を思いやる心を重視している。

最高のサービスにとって「心」が重要なのだ。

待合室から、間接照明で照らされた石の廊下を通って、
和風で統一された個室に案内される。
基本理念で述べられているとおりで、
スタッフの方の一つ一つの言動も、
もちろんマッサージの内容も「心」がこもっている。
ここにくると本当に「癒される」。

マッサージに限らず、最近の店には「心」がこもっていないと
感じさせられることが多い気がする。
ところが、成功している店は例外なく笑顔に「心」がこもっている。

「癒し」はすべてのサービス業に共通する目的なのかもしれない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2005

パンの話

DSC00259

本店の店長は最近パン作りに目覚めたようだ。
都内の某料理教室に行ってきた。

ブレッチェンというドイツの朝食用の白い食パンと、
シュトーレンというクリスマスに食べるフルーツを練りこんだパン。
生地をよくこねて、二回の発酵をさせて、オーブンで焼く。


生地を傷めないように、それでいて力をこめて丹念に練る。
どれだけできたかで、パンはふっくらとしてくるらしい。

味は初めてにしては絶品!!
手作りのパンなので優しい味がした。

DSC00258


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«本の紹介